ちょっとしたアドバイス(腕時計)

2a699a9bedad56cc66c17c0906a23fc7_s

腕時計やメガネ、アクセサリー等は、瞑想するときは外した方がいいんですが、このことは瞑想を始めたばかりの方にはあまりピンとこないかもしれません。

瞑想の第一段階は、マントラを唱え、いつのまにか出てくる思考に気づき、その思考を手放す、ということの繰り返しです。
そのいつのまにか考え始めている思考、いわゆる雑念ですが、これはマインドが重要だと思っているもの、優先順位の高いものから出てきます。

たとえば、仕事や人間関係で悩みごとがあれば、真っ先にそれが出てきます。
それを棚上げすると、次に大きな案件や懸案事項。
それを棚上げすると、その次の案件や懸案事項。
それを棚上げすると、その次。
と、次々に出てくる思考を、次々に棚上げしていくことで、瞑想は進んでいきます。

この作業はけっこう忙しいです。
瞑想といえばリラックスというイメージがあるかもしれませんが、本当にリラックスできるのは、雑念をどんどん片付けて考える案件がなくなってからです。

さて、腕時計の話ですが、日常生活では腕に時計をつけていることは、ほとんど意識しないでしょう。時間を見るとき以外は。
なので、瞑想してても気にならない、とはいかないんですね。

順調に思考の片付けが進んでいくと、いずれ日常では意識もしないことも気になるというか、意識がそちらに向かいやすくなります。
腕時計やメガネなんかもそうですし、呼吸していて体が動いて服にこすれる感じだとか、心臓の鼓動が気になることもあります。

こういったことは、瞑想が深くなると必ずそうなるというわけではありません。が、そうなる可能性はあるわけです。
だとすると、その可能性を物理的に排除できるなら、そうしておいた方がいいですよね。
呼吸や心臓は止められませんが、腕時計やメガネをつけたまま瞑想して、一瞬でも意識がそこに意識が向くのは時間がもったいないので。
「そこまで瞑想が進んだことはありません」という方も、いつ瞑想が深くなってもいいように腕時計は外して瞑想した方がいいですよ。

宝彩瞑想リーダー:チバ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中